NHK福島さんよりインタビューを受けました!新型コロナに対する受け入れについて

新型コロナの受け入れ先を提案をしたところ、2020年2月29日にNHK福島さんよりインタビューを受けました。

主な内容は、

  • なぜ、受け入れようと思っったのか?
  • 塾で預かることでの効果やメリットは?

この2つ。

初めてのインタビューでかなり焦って考えていた内容通り話せていなかったですが、それでも自分の意見は少しは伝わったかなと思います。

なぜ、受け入れようと思っったのか?

新型コロナ対策として政府が出した「小中高すべての休校」。

これが出た時に絶対にお子さんがいる家庭はパニックになると思いました。

学童にも預け入れの限度がありますし、そもそも共働きのご家庭などはどうするのか?

休むといっても絶対に休めない職種もあります。

それにこれ以上、仕事している人が休んで経済が大丈夫なのか?

そんな不安などを考えた時に

では自分たちは何ができるのか?

真っ先に浮かんだのがこの個別指導123 福島校での預かりだったわけです。

実際には小学低学年に関しては自治体によって、どうしても見れない時は学校の方で自習という形で預けることができるようにしているところもあります。

なので、そこまでパニックにならないかもしれません。

ただ、それでもすべての自治体がそのような制度をしてるわけでないですし、もし私のように感染リスクも少し抑えて少人数なら見ることができるというところが増えてくれればなという思いもあり、

SNSで発信しました。

あと前提として、今回の休校がよかったかどうかについては、正直よかったと思っています。

タイミングや時期は別として。

私もまだ小学生にはなっていませんが息子が2人いるので、やはりそれを考えると自分小学生を持つ親としての立場だったらと考えると休校はやってよかったと思います。

ただし、それはイチ親の意見であって、誰でも簡単に仕事を休めるわけではないですし、どうしても働かなければいけない方もいます。

それにすでに新型コロナウイルスの流行が日本経済に深刻な影響を与えていて、今回のことで仕事をする人が減ると更に経済は悪化する恐れもあると感じていました。

塾で預かることでの効果やメリットは?

実際に政府では休校を推奨しているので、不要にでかけたり集まったりするのはよくありません。

ただ、先程もいいましたが、それでもどうしても預け入れをすることができないご家庭があるのも事実です。

それにいくら自習といえ、小学校に通ってもいいといってもそれで数十人単位で集まっていて、本当に今回の制度が意味があるのか?というと疑問に思っています。

個別指導123 福島校では、そういうリスクを避けるために最大10名までを限度としていますし、

戸建てを借りて行っているので、できるだけ家に近い雰囲気で過ごすことができるというメリットもあります。

また、塾にある教材やロボットプログラミングなどは興味などがあればその場で使用してもっても良い準備はしています。

それに、家で1人で勉強を2週間近くするのは難しいというお子さんもいると思うので、そんな子が来やすいように講師は常時2~3人ほどはいるようにする予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です